毛穴開きの治療は保険適用できる?治療の種類を解説!

自分で毛穴の開きのケアをしてもあまり効果がない時や、すぐに毛穴の開きを何とかしたい時は、病院で治療できるものなのでしょうか。
毛穴の治療には、いくつか方法があるようです。

毛穴の開きの治療 保険適用の場合

毛穴が開く原因によっては、保険適用での治療が可能なことがあります。
ニキビや湿疹など、皮膚の病気である場合、症状にあった治療方法を保険適用の範囲で行うことができます。
主に皮膚科での治療となりますが、自分の毛穴の開きが保険適用で治療ができるかを、先に相談してみるとよいでしょう。

毛穴の開きの治療 自由診療の場合

多くの毛穴の開きの治療の場合、健康保険が使えない自由診療になることが多いです。
そのため、費用が高額になったりすることもありますが、その分、自分が希望する治療を選択することができます。
毛穴の開きの主な治療方法は、ケミカルピーリング、レーザー治療、高周波治療のようです。

ケミカルピーリング

肌に薬剤を塗って、それによって皮膚や毛穴の角質をはがす方法です。
毛穴のつまりをとることで、毛穴の開きを改善します。
ピーリングをすることで、肌の不純物を取り除き、肌の再生を促すことが出来ます。
比較的浅めにピーリングをする場合、刺激も少なく、かさぶたや色素沈着などがおきにくいようです。
深めにピーリングすると、肌がひりひりしたり、かさぶたや色素沈着をする確立が高くなり、広範囲で使うことはないようです。

レーザー治療

レーザーが皮膚の下にある真皮層のコラーゲンに熱刺激を与え、コラーゲンの再生を促すことで、肌のはりが生まれ、毛穴が引き締まります。
1度で効果を期待できるようですが、数回繰り返すことで、より効果が高まるようです。

高周波治療

肌のたるみが原因で、毛穴と毛穴がつながって見える帯状毛穴になった場合に効果のある治療です。
電気エネルギーの1つである高周波を真皮層などにあて、コラーゲンや繊維組織を加熱しながら収縮させます。
これにより、たるんだ肌が引き締まり、毛穴が目立たなくなります。

自由診療の注意点

自由診療を行う場所により、勧めてくる治療法や使用する機械が変わり、治療費も変わってきます。
どのような治療を行うのか、治療の費用など、きちんと説明を受けてから治療を受けるようにしましょう。
気になるときは、別の場所で相談して、治療方法や費用を比べてみることも大切です。

毛穴の開きを治療する場合、自分の肌の状態や、治療方針などを丁寧に説明してくれるところを選びましょう。