毛穴の開きをケアする方法 – 皮脂・たるみ・つまり

毛穴の開きが気になっても、どのように手入れをしたらよいのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。
毛穴の開き、といっても、その開く原因によってケアの方法も変わるようです。

毛穴が開く理由

毛穴が開く原因の1つが過剰な皮脂の分泌です。
肌を守るために必要な皮脂ですが、多すぎると毛穴が開いてしまいます。
毛穴に汚れが詰まることも、毛穴が開く原因になります。
また、年齢が上がるとともに、肌がたるむことで毛穴が目立つようになります。

過剰な皮脂が原因で毛穴が開いた時のケア

皮脂が多い、と感じると、つい洗顔をこまめにしがちですが、皮脂が不足してしまうと、肌が乾燥しやすくなります。
この肌の乾燥を守ろうと、余計に皮脂が分泌されるようになります。
1日に何回も洗顔するのはやめましょう。
また、洗顔時の洗顔フォームをしっかり泡立てて、その泡でやさしく洗うようにしましょう。
そうすることで、必要な皮脂まで洗い流すことを抑えることができます。
さらに、洗顔後はしっかり保湿しましょう。
皮脂が多いな、と感じる人ほど、しっかりと保湿しましょう。
保湿がしっかり出来ると、過剰な皮脂の分泌が減り、肌のキメも整い、毛穴が目立ちにくくなります。

毛穴のつまりが原因で毛穴が開いたときのケア

毛穴に汚れなどが詰まることで、毛穴が開いてしまう場合は、ザラザラしたりします。
古い角質や皮脂、きちんと落とせなかったファンデーションが詰まっている状態です。
丁寧にメイク落しをして、その後は洗顔と保湿もしっかり行うようにしましょう。
毛穴が詰まってザラザラしているので、ゴシゴシこすって洗顔しがちですが、こすることで肌に刺激を与え、黒ずんだりします。
ゴシゴシこすらず、泡で肌をなでるように洗いましょう。

たるみが原因で毛穴が開いたときのケア

肌のたるみで毛穴が開く場合、表情筋や深層筋を意識的に動かすのが効果的です。
表情筋は、皮膚の下にありますが、深層筋は表情筋の下で支えています。
深層筋は、顔の血液の循環も助ける役割があります。
表情筋が衰えると、皮膚がたるんできます。
深層筋が衰えると、表情筋を支えられなくなり、また血液の循環も悪くなります。
そのため、フェイスエクササイズをすることで、たるみを防ぐことが出来ます。
また、血液の循環も良くなるので、顔のむくみも取れます。
そして、紫外線対策も大切です。
紫外線のうちUVAは、肌の奥まで届き、肌の弾力を失わせます。
顔の紫外線対策は、1年中するほうがよいでしょう。
そして、年齢が上がると肌の保湿力も衰えてきます。
しっかりと保湿ができるタイプの基礎化粧品を使うようにしましょう。

毛穴の開きのケアは、そのタイプによって変わってきますが、どの場合でも、保湿をすることが一番必要なケアになります。まずは、保湿がしっかり出来ているか、確認してみましょう。