毛穴の開きをタイプ別で診断!

毛穴に悩まされている人は多くいるかと思います。ただ毛穴といっても様々な種類に分類されています。毛穴の種類ごとにケア方法や気になる部分は変わってきます。毛穴の種類だけでも5種類も種類があるのです。毛穴の開きをタイプ別に紹介していきます。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴は毛穴につまった皮脂や汚れにより角栓が酸化し黒ずんでいる状態です。おもに皮脂分泌が多いTゾーンに多く10代からこの毛穴に悩まされる人は多いです。触ったときにはざらざらはないのですが汚れが原因ではなく毛穴にうぶげが詰まっている可能性もあるので鏡でしっかりと確認して下さい。うぶげの場合は顔脱毛で改善することができます。食生活の乱れ、ストレス、間違ったスキンケアにより引き起こしている可能性が高いので一度生活習慣を見直しましょう。

目詰まり毛穴

目詰まり毛穴は触った時にざらっとしています。白いブツブツが詰まっていて角栓が中に詰まっています。過剰皮脂分泌やクレンジングで化粧が落ちきっていないことが原因で起きています。正しいクレンジング・洗顔方法を身につけて改善しましょう。放っておくと黒ずみ毛穴になってしまいます。毛穴トラブルをどんどん引き起こしてしまうので早めに解決しましょう。

開き毛穴・乾燥毛穴

開き毛穴・乾燥毛穴は乾燥により毛穴がひらいてしまっている状態です。肌に潤いが無い為、毛穴と肌にでこぼこができてしまい毛穴が開き乾燥してしまいます。充分な保湿ケアをすることが大切です。アルコール成分が入っていないものを使い化粧水・美容液・乳液・クリームの順番を正しくまもり肌に潤いをもたらしましょう。

たるみ毛穴

たるみ毛穴は加齢により肌にハリがなくなり毛穴が涙型に開いてしまっている状態です。年齢とともに失われていく肌のハリを取り戻す為に保湿ケアはもちろんですがビタミンC配合のヒアルロン酸サプリを服用し体の中からも肌のハリを促すケアをすることで肌にハリを取り戻しましょう。また、顔のマッサージをして血行をよくすることも効果的です。

全ての毛穴の開き共通のケア

全ての毛穴に対して言えることは、正しいクレンジング・洗顔方法、たっぷりの保湿です。また、ベットカバーや枕カバーを清潔に保つことも毛穴にほこり等の汚れを入れない為にとても効果てきです。